オホーツク地域は雄大な自然景観をもち、その26市町村(網走支庁管内)はそれぞれに固有の特徴をもつ地域です。
オホーツク海、湖、森林など恵み豊かな自然資源を有し、北海道を代表する観光地帯として位置づけられてきました。
 この3市20町3村の春夏秋冬を絵画でつなぎ、オホーツクの魅力を感じていただきたい、その思いからこの「オホーツク五十三次」構想は生まれました。
 今回この「オホーツク五十三次」構想は江戸時代後半に宿場町を背景に自然の変化を通して旅人が感じる旅愁を表現した安藤広重の「東海道五十三次」をモチーフとし、網走管内26市町村それぞれを代表する風景を2枚1組の水彩画に描いています。
オホーツクの景観は来訪者ばかりではなくそこに住む住民にとってもゆとりや自然とふれあうライフスタイルが求められ、時代の潮流となっています。自然景観という資源は単なる観光資源にとどまらず、住民生活の質を高める資源であると考えます。
 オホーツク圏26市町村の広域連携により交流人口を拡大するための管内を一つのラインで結び、新たにそこに住む人々と豊かな自然を生かした観光の新しい拠点づくりを目指しています。

昭和11年
昭和30年
昭和28年
昭和29年
昭和33年

昭和32年
昭和34年
昭和37年

常呂町訓子府町に生まれる
北海道北見柏陽高等学校(土木科)卒業
凍影社展、全北見展出品(凍影社協会賞、特選賞)
道展、純生美術出品(道展新人展選抜、純生美術協会賞受賞)
純生美術協会会友推薦
この年より公募展出品中止後、東京東和画廊で2回、北見まるいデパート
及び喫茶店等で数十回の個展を開催
オホーツク秀作美術展(1950年代の画家達)出品
「月刊けいせい」表紙執筆
30名にて全北見美術展設立(現在オホーツク美術展に改名)
現在に至る

オホーツク五十三次