豆 腐

こだわりとうふ 豆ふく

もめん豆腐・きぬ豆腐

もめん豆腐・きぬ豆腐 各500g
315円

 「こだわりとうふ」と銘打つだけあって、大豆は道産とよまさり大豆を、にがりは藻塩にがりを使用。とよまさり大豆は精度の高さが特長で、さまざまな 大豆を試した結果選んだ材料です。藻塩にがりとは昆布の根からとったにがりのことで、今では使用しているところも数少ないそうです。厳選した材料によるこ だわりの豆腐、ぜひ一度ご賞味を。その他にも納豆や油揚げ、おからドーナツ、豆乳なども人気で、大豆の美味しさをいろんな形で提供してくれています。
■北見市上ところ339-3 ■TEL/0157-39-3588
■FAX/0157-39-3588 ■駐車場/20台
■10:00~17:00 ■月曜日定休
■イートイン/あり  
■販売先/直売 ■お取り寄せ/可能(道内のみ)
04-02
01-03

↑所在地マップ

川東の里 豆ちゃん豆腐店

豆腐王(黒大豆豆腐)・豆姫(大袖振豆腐)

豆腐王(黒大豆豆腐) 400g 250円
豆姫(大袖振豆腐) 400g 230円

 手づくり豆腐で人気のお店から、珍しい豆腐を二つ。「豆腐王」は、最高級といわれる光黒大豆を100%使用。皮ごとすりつぶしているので、黒っぽい豆腐で す。「豆姫」は、大豆の中でもいちばん甘いといわれる大袖振大豆100%の豆腐。皮が青みがかっていることから青大豆とも呼ばれていますが、その大豆の甘 さが十分に生きている豆腐です。にがりも本にがりをしようしてる真面目な豆腐です。
■北見市大町70番地 ■TEL/0157-24-0102
■FAX/0157-24-1102 ■駐車場/10台
■10:00~18:00 ■無休(年末年始除く)
■イートイン/なし  
■販売先/自社直売 ■お取り寄せ/可能
02-02

↑店舗外観

02-03

↑所在地マップ

長野豆腐店

木綿豆腐・寄せ豆腐・三角油揚げ

木綿豆腐 
200円
寄せ豆腐
170円
三角油揚げ
200円

 50年以上もこの地で豆腐づくりを続けているお店。札幌方面から来た人が、お土産として買っていく評判の豆腐は、昔から変わらずカまで煮てつくります。原 料の大豆は3種類の大豆をブレンドして使い、にがりは天然もの。この地にこだわるのは“水”が良いからで、他の地での豆腐づくりは考えられないそうです。 ほのかな甘みと、しっかりした食べ応えは、大豆を食べていることが実感できる豆腐です。
■北見市留辺蘂町厚和 ■TEL/0157-45-3478
■FAX/0157-45-3478 ■駐車場/5台
■9:00~16:00 ■日曜日・祝日定休
■イートイン/なし  
■販売先/自社直売、ラルズ留辺蘂店、北見パラボ ■お取り寄せ/可能
03-02

↑店舗外観

■E-mail mamechan@aimond.ocn.ne.jp ※スパム対策で「@」は大文字です。  

とうみ食品

手づくり豆腐・三角大油揚げ

手づくり豆腐 550g
200円
三角大揚げ
180円

 30年以上も変わらず、手づくりで作り続けている滝上名物の豆腐。「特別なことは何もしていない。昔からのやり方で作っているだけ」と言いますが、その味 が忘れられず、近隣町村はもちろん遠く旭川や札幌からも買い求める人も多いとか。外側はしっかりしているのに、内側はとろりとした食管が特長です。寄せ豆 腐や厚揚げもぜひ味わってください。
■滝上町幸町 ■TEL/0158-29-2092
■FAX/0158-29-3037 ■駐車場/20台
■9:00~21:00 ■無休(元旦除く)
■イートイン/なし  
■販売先/自社直売 ■お取り寄せ/可能
04-02

↑店舗外観

04-03

↑所在地マップ

道の駅あいおい

豆腐・豆乳プリン

豆腐 約700g 210円
豆乳プリン(自家製ブルーベリーソース付き) 約100g 210円

 この地で長年営んできた豆腐店の作り方を、そのまま継承した手作り豆腐。ずっしりと重く、豆の味わいがたっぷり。一般的な市販の豆腐と比べ、大豆の濃度は ほぼ2倍だとか。この豆腐のための豆乳を利用した豆乳プリンは、最初ほのかな甘さがあり、その奥に投入の味わいが広がります。
■津別町字相生83番地の1 ■TEL/0152-75-9101
■FAX/0152-75-9100 ■駐車場/100台
■7:00~18:00(祝日10:00~16:00) ■火曜日定休
■イートイン/あり  
■販売先/自社直売  ■お取り寄せ/可能(夏場は不可)
05-02

↑店舗外観

05-03

↑所在地マップ